ピックアップ記事
No feed items found.No feed items found.

取引所クリプトピアがハッキングされたと発表!!!

1月15日の17時、ニュージーランドを拠点とする仮想通貨取引所クリプトピアは、セキュリティ侵害に遭った事を公表!

2019年1月14日に侵害を確認し、すぐに取引サービスを停止。現在、被害状況を調査中です。

正確な損失額はまだ不明だが、いくつかの重大な損失に直面したと述べた。

 

Cryptopiaへの懸念

2014年に設立されたクリプトピアは、特にニュージーランドとオーストラリアで非常に人気のあった仮想通貨取引所です!

セキュリティとコンプライアンスに関して、同社はニュージーランドで金融サービスプロバイダー(送金またはバリュートランスファーサービスを運営)として登録して、国の規制に準拠していると主張!

ハッキング直前の平均取引量は1日150万ドル(約1.7億円)で、市場110位前後の規模です。昨年までは、市場で100位以内に位置していました。

この取引所には現在550以上の通貨が上場しているためユニークでしたが、セキュリティの懸念は以前から報じられてきました。昨年11月、100市場以上が数か月に渡って利用停止であると報じられた。

またクリプトピアは、顧客確認(KYC)が不十分な上、依然として最大5,000ニュージーランドドルの現金引き出しを提供する取引所の1つでした。そのため、仮想通貨の現金化に有利な舞台として、ハッカーに利用されてきた経緯が指摘されています。昨年7月、Bancorで起きたハッキング被害の出口に利用され、出金を一時停止した。

さらにソーシャルメディアRedditでは、クリプトピアのユーザーによって、資金の引き出しがストップする事が、度々訴えれています。