仮想通貨の利益も確定申告しないとアウト!4000万以上で45%だから1億利益で4500万かぁw

仮想通貨で得た利益を確定申告しないとアウトです!課せられる罰則について

ガセ情報でネット上などで「仮想通貨の利益は確定申告しなくてもOK」というような発言がたまに見られます。

実際に得た利益が20万円以下であれば当然確定申告は必要なし、ですが20万円以上の場合に確定申告をしなかった時には当然罰則あります!

おもに3つの罰則が科せられます

延滞税

延滞税は、確定申告で納税しなければいけない日からカウントが始まり、実際に延期した未納税分を収める日まで、いわば遅延料金として「7.3%~14.6%」の金額が加算されます。

加算税

確定申告で納税すべき金額を分で申告せず、それが発覚して税務署から通告を受けた場合に発生するのが「加算税」です。

脱税

ニュースや雑誌などで話題となる「脱税」という罪は、所得税法、および法人税法などの税法に基づいて厳しい罰則が課せられます。

罪の意識が薄い方や、なんとか誤魔化せると考えてる人がいますが、罰則として「5年以下の懲役」「500万円以下の罰金」が課せられます。

最後に確定申告を間違えてしまった時の対処法

仮想通貨の確定申告を初めてした人に多いのが「税金を支払いすぎてしまった」「本来の所得額よりも少なく見積もって申告してしまった」などの間違いです。

特に2017年~2018年は仮想通貨が世の中に普及し始めた年なので、実に様々な確定申告ツールが普及しました!詳しくはネットを参考にして下さい!

皆さん、しっかりと利益計算して確定申告はしましょう!