【速報】ICE代表がBakktの展開は「2019年後半になる」と発言!

デジタル資産プラットフォーム、Bakkt (バクト)は機関投資家の市場参入を簡易化するだけでなく、ビットコイン価格の上昇を触媒すると言われてます!

ICEの子会社として立ち上げられた同プラットフォームは、現物決済を採用するビットコイン先物取引を計画していることからも、「ビットコインETF」よりBTC市場への影響力が大きいのではないか、と業界人は思ってます!

しかし、CFTCとのビットコイン先物取引に関する協議は現在でも継続中でBakktのローンチは幾度も延期されています。

そんな中、ICE代表取締役であるジェフ・スプレッヒャー氏によると、Bakktの展開は「2019年後半になる」と仰せだ!

ムーンショットな賭け」、ローンチは今年下半期か

ニューヨーク証券取引所を含める23社以上の主要取引所を運営しているICEですが、2018年第4四半期に10億ドル以上の戦略的投資を行ったと今月7日に行われた収支報告で明かした同社によると、Bakktの立ち上げは「ムーンショットな賭け」だったとのこと!

※ムーンショットとは、アポロ計画のように困難でコストはかかるものの、成功すれば大きなインパクトを与える目標のことです!

「ちょっとしたムーンショットな賭けであり、ICEが行う通常のビジネスとは非常に異なる方法で編成されている…インフラ構築は上手くいっているため、今年後半にローンチすると思う。」

また、同氏はBakktが独自のオフィス、管理チーム、およびインフラがあるため、ICEとは「独立して存在」することを強調してる!

さらに、同プロジェクトが提供するインフラが、スターバックスやマイクロソフトを含む多くのパートナーを既に惹きつけていることについて言及しました!

同社CFOであるスコット・ヒル氏によると、Bakktへの投資は「第1四半期の稼働率に基づくと2000万ドルから2500万ドルの費用が発生する」っと仰せ。

しかし、ICEはデジタル資産プラットフォーム運営による短期的な「ムーンショット」を意図していない可能性が高です!