ピックアップ記事
No feed items found.No feed items found.

【速報】ハッカーに盗まれた仮想通貨の追跡が可能なるかも!?

盗まれたビットコインの追跡が可能となるか?

仮想通貨のハッキング事件は後を絶たず、今年にも既に、ハッキング事件が起きているが、同様の事件において、犯人の特定が難しいく苦戦してます。

その大きな原因として、匿名通貨ではなくとも、「取引情報公開」「取引履歴の追跡」の点で現実世界での匿名性を保持していないビットコインを含めた仮想通貨の追跡でも現状は極めて追跡が困難です。

しかし、この問題が解決されるかもしれない!!!

英国の名門ケンブリッジ大学で教授を務めるRoss Anderson氏と、同氏率いる研究チームが、仮想通貨のトランザクションの追跡を目的として、新たなアルゴリズムを開発しました!

このアルゴリズムは、19世紀に英国で採用された法律が基となっており、この仕組みを利用すると、今まで厳しかった資金洗浄などの犯罪行為のパターンも導き出せすことが可能になるとのこと!

ブロックやトランザクション、スクリプトなどのデータを抽出、ブロックチェーンの解析プログラムを利用して仮想通貨の動きを追う仕組みらしいです!

新たなアルゴリズムの基となっているのは、その法律内において確立された、FIFOというメソッドです。

そのFIFOというのは、預金を引き下ろす際、新しく振り込まれた預金から順に引き下ろすというもので、この考え方を応用し、今回開発された新たなアルゴリズム「Taintchain」を生み出したとのこと!