【速報】イーサリアム2.0の新技術導入で、16.5億円のコストがかかる可能性発覚!

新技術導入に出資金の必要性

現在イーサリアム財団の調査員らは、PoSへと移行する際に重要となる「VDFs」技術を導入するために16.5億円の巨額コストがかかる点が浮上!

新技術導入に16.5億円の出資の必要性

イーサリアム2.0の最終段階にあたる「セレニティ」のアップグレード。

セレニティの導入により、イーサリアムのコンセンサス・アルゴリズムがPoWからPoSへ移行する点や、トランザクションの処理能力の大幅向上が見込まれるシャーディングの導入が行われるなど、現在幅広く利用されるイーサリアムブロックチェーンの可能性を大きく広げるとの期待されてます!

あと1月31日にGitHub上に、イーサリアム2.0に向けた開発の進捗状況も開示されるなど、ユーザーへの情報開示も開始している!

そんな中で現在、イーサリアム財団の調査員らが力を入れている点として挙げられたのが、PoSへと移行する際に重要となる「Verifiable Delay Functions(VDFs)」と呼ばれる技術を導入するか否かの決断を下すための、調査とのこと!

VDFsは、強力な乱数生成を実現するもので、生成される乱数のランダム性の向上が期待されています!

このランダム性により、移行予定のPoSにおけるバリデータ選出の際に、予測困難性や公平性がもたらされることで、イーサリアム2.0のエコシステムのより良い礎を築く事に繋がると見られています!