【ネットで話題】コインを死守せよ!ハードウォレットが最強すぎる件

【ネットで話題】コインを死守せよ

仮想通貨が盗まれる事件は頻発し、取引所での対応も不満が爆発しています。

特に海外の取引所に保管していた場合は諦めるしかないようです。

コインは自分で守る方が早いということが現在ネットで話題になっています。

ハードウォレットが最強すぎる

 

ハードウェアウォレットとは、秘密鍵やアドレスなどの情報を、独自の媒体(USB型やカード型があります)で仮想通貨を管理するウォレットのことです。

ハードウォレットでの管理は、マウントゴックスが記憶に新しい企業の倒産や、ハッキング、紛失などのリスクを最小限にできるのです。

与沢翼さんが、ハードウォレットで仮想通貨を管理していることで日本人にも認知が深まりました。

おすすめハードウォレット

おすすめはTREZORのハードウォレットになります。

日本語の取扱説明書がついており、サポートの窓口もあるので便利な上、保管できるバリエーションも豊富です。

現在、Bitcoin、Litecoin、Dash、Zcash、Bitcoin Cash、Bitcoin Gold、Ethereum(+すべてのERC-20トークン)、Ethereum Classic、Expanse、UBIQ、NEM、Namecoin、Dogecoin、Bitcoin Testnetが保管可能です。

価格は1つ12,800円なのでこれであらゆるリスクから守れるのであれば安いですね。

TREZOR紹介用URL 300×250

 

 

 

 

 

 

TREZOR日本代理店公式ぺージ

https://hardwallet.store

TRZORの使い方

TREZORの初期設定

1.TREZORの公式サイトへ移動

公式サイトへ移動します。

2.「 Connect TREZOR to continue」と出ます

3.TREZOR(トレザー)をUSBでパソコンと繋げます

 

4.TREZOR Bridgeのインストールが完了したら、TREZOR Setupのページが自動的に表示されます。
「Create a Back up 3minites」を押してバックアップ設定を作成します

5.デバイス名を入力し、continueをクリック。

6.パスワード設定画面が表示されるので、TREZOR(トレザー)端末に表示されている1~9の数字を入力します。

最大で9桁入力できます。

7.再度、パスワード入力の要求があるので、⑥で設定したパスワードを入力します。

8.リカバリシード(リカバリフレーズ)のセットアップです

TREZOR(トレザー)に表示されるリカバリーシード(リカバリフレーズ)を、記録用の紙に記録します

9.1stは1番目のリカバリシード(リカバリーフレーズ)24番目までリカバリシードが出ますので全て記録しましょう

10.管理画面にログインできました。以上で初期設定完了です。